ダイエットや体質改善ではタブー?

ダイエットや体質改善をするときによくいわれるのが「甘いもの禁止」というフレーズです。でも、ちょっと小腹が空いたときにおやつを食べたくなることもあるでしょう。ダイエット中や体質改善では「おやつを食べてはダメ」と考えるのではなく、食べられるおやつは何かを考えると我慢せずに行うことができるのです。

食べてもいいおやつ

ケーキ

ダイエット中でも食べられるおやつ

ダイエット中だからといっておやつを我慢する人は少なくないでしょう。しかし、おやつを我慢しているというストレスが逆にダイエットを失敗させてしまうことがあります。また、空腹でいきなり食事をすると血糖値がいきなり上昇してしまうので、おやつを挟んで血糖値のコントロールをすることも大切です。
ダイエット中におやつを食べたいというときは、噛みごたえのあるものを選ぶといいでしょう。しっかり噛むことで満腹中枢が刺激されて満腹感を得られます。また、低カロリーな食品であることも大切です。これら2つのポイントでおやつ選べば、食べ過ぎを防ぐことや、カロリーオーバーで悩まされることはありません。

ダイエットでよく食べられているもの

体質改善やダイエット中によく食べられているものといえば、ヨーグルトでしょう。ヨーグルトといっても糖質が使われていないものを選ぶようにしましょう。最近では低脂肪のものも多くなっています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸の環境を整えてくれるため、便秘改善や免疫力・代謝アップに効果が期待できるでしょう。また、一緒にフルーツやドライフルーツを食べるのもオススメです。自然な甘さがプラスされるだけでなく、食物繊維やミネラル、ビタミンが含まれているので美容にも効果的です。

食べごたえを重視するならナッツが便利

ナッツ類はおやつにぴったりな食材として有名でしょう。とくに、アーモンドは噛みごたえがあるだけでなく、食物繊維の消化に時間がかかるので満腹感を得やすいのです。さらに、含まれているビタミンEの抗酸化作用でアンチエイジングをはかることもできます。ただし、アーモンドにはカロリーが高いという落とし穴があります。そのため、食べ過ぎるとダイエットにはよくありません。食べる時は1日10粒から20粒程度を目安にするようにしましょう。

チョコレートが食べたいとき

さっぱりしたおやつばかりでなく、もう少し甘いものが欲しいというときはカカオ70%以上のチョコレートを食べるといいでしょう。70%になると少し苦味が強くなってしまいますが、ダイエット中でもチョコを口にすることができます。チョコにはポリフェノールが豊富に含まれていて、その働きで代謝や血行がよくなるのです。70%以下のものは、脂肪や糖分が増えてしまうのでダイエットには向きません。

おやつを食べるときの時間

ダイエット中におやつを食べようとする場合、適切な時間というものがあります。人間は14時から16時くらいの時間帯は太りにくいといわれており、その時間であれば食べても脂肪になりにくいのです。おやつを食べるときはなるべく、100キロカロリー以下くらいで調節した方がダイエットにはいいでしょう。

ダイエット中のおやつ

ケーキ

食べてもいいおやつ

ダイエットではおやつを食べないように我慢することが多いでしょう。しかし、食べるものと時間帯に気をつけていれば食べても大丈夫なのです。ヨーグルトやフルーツ、ナッツなどの低カロリーで噛みごたえがあるものを選ぶようにしましょう。

READ MORE

新着情報

広告募集中